新着情報

しげちゃんのウラジオストック視察旅行記    その②

2.ウラジオストックの概況

 

ロシアの極東に位置する沿海州は、人口192万人、面積は北海道の

約二倍である。

 

 

ウラジオストックはその州都であり、人口は62万人。

地理的に日本に近いことから、昔より日本との関係が深く、

1909年(明治42年) には日本の総領事館が開設されている。

 

その後日本からの移住が始まり、ロシア革命後の1920年には約6000人の日本人が住んでいたと言われている。

 

また、敦賀~ウラジオストック間の連絡船とシベリア鉄道を乗り継いで欧州に向かうルートは

当時日本とヨーロッパを結ぶ最短ルートの一つであり、明治の女流歌人与謝野晶子もパリにいる夫・鉄幹のもとに赴くため、このルートを利用したという。

 

ソ連邦崩壊後の1992年、ウラジオストックが再び開放され、日本との定期航路が開設されている。

以降今日に至るまで、政治・経済・文化など様々な交流が進んでいる。

 

 

3.OPORA RUSSIA(会員60万人の経営者団体)との

交流会

 

6月15日金曜日の夕刻、同友会東支部の会員の経営する居酒屋でOPORA RUSSIAウラジオストック支部の会員と交流した。

ロシアはペレストロイカを経て、新しい政治・経済体制の中で、その仕組み作りの最中であり、現在模索中だと感じた。

この地では、イギリスの会社とゴルフ場建設が進行中である。

 

また、北海道青年会議所とも交流をした。「日本に投資してほしい分野は」との問いに

農業・物流・ITなどが上がり、この地域の特産のカニ養殖・はちみつなど、日本企業の持つ技術やサービスを活用したビジネスの可能性が強調されていた。

 

 

4.沿海州政府(公団)訪問

 

ウラジオストックは2012年のAPEC開催を契機として、海外からの投資が加速し、現在は1000件を超えてきた。

日系企業では、トヨタ・マツダ・三菱・丸紅などの商社が進出している。

 

諸外国と同様、特区を通じ、優遇措置を講じて、投資の呼び込みに躍起となっている。

 

また今回説明された、Elenaさんは女性委員会の代表であり、次回はぜひ女性経営者との交流を図りたいと強調された。

 

 

(次回に続きます)

 

2018年08月08日

しげちゃんのウラジオストック視察旅行記    その③

5.クルージングと洋上の晩さん会

 

涼風に吹かれ山海の珍味を味わう

 

 

午後は大きなヨットを借り切り、エビ・カニ・キャビアの海鮮料理を満喫し、ウォッカに酔いしれた。

奥深い湾内に漕ぎ出し、快適なクルージングを楽しんだ。

 

 

 

まだ春先の気候であったが、竹下さんが水着で飛び込み、続いて明永さんが飛び込み、ロシア風水泳を楽しんだ。

 

 

 

時間が進むにつれて、乾杯、乾杯が続き、ウオッカの空瓶が並んだ。

湾内を見渡すと豪華なヨットがずらりと並び、ペレストロイカ以降の、新しい富裕層が生まれていることが実感できた。

 

ガイドさんの話では、社会の仕組みが大きく変わり、年金生活者や失業者等は生活が大変だという事。

 

そのなかで、ダーチャ(自家菜園)の話が出た。

多くの都市生活者がダーチャを持ち、そこで野菜や果物を育て、牧畜をして、自給自足の生活を楽しんでいる。

 

また市の中心部にある広場では、土曜・日曜にマーケットが開かれ野菜や果物の生鮮食品や肉、魚が山積みされ、安く売られていた。

私もここではちみつを買ったが、日本の半値であった。

また、チョコレートは種類が多く、ガイドさんおすすめの一品は帰国後、大評判であった。

 

6.極東連邦大学訪問

 

6月16日、ユーリ氏の紹介で、極東連邦大学を訪問した。

 

ここは2012年9月APECが開催され、終了後大学として使用されるようになった。

 

大学には26000人が在籍し、ロシア本国だけでなく、中国・インド・パキスタン・韓国からも多くの学生が来ている。

広大な敷地に、バスが学内を周回し、教授や学内関係者、また学生用の宿舎も完備し、恵まれた教育環境に感心した。

 

日本人は少ないが、函館に分校がある。

訪問時はちょうど夏季休暇の最中であり、学生との交流はできなかった。

 

 

今回の視察では、アジア地域にありながら、ヨーロッパの伝統・文化を感じさせる街並みの美しさ、落ち着いたたたずまいに心を打たれた。

 

物価は安く、食事もおいしく、人々はフレンドリーであった。

 

アジア、ヨーロッパにまたがる広大な国土。

また、ロシア革命、ソビエト崩壊と激動の歴史を持つ大国ロシア。

 

 

えてして暗い印象を受けるが、体制の激変にもたくましく適応し、乗り越えつつある人々の姿に垣間触れることができ、ロシアに対する親近感が生まれた。

 

地理的に近い隣国、これからも交流を深めていきたいと感じた。

 

そして、社員や家族と再度、ウラジオストック旅行を楽しみたいと思った。

 

企画された国際交流委員会の浜田会長、石橋さん、ユーリさんに感謝したい。

 

(終)

 

2018年08月08日

体験ダイビング

高1の甥っ子が東京に遊びに来たので、体験ダイビングに連れて行きました。

 

千葉県勝浦市にある鵜原というポイントです。

 

サーフィンのイメージが強い勝浦ですが、ダイビングも出来ます。

 

初体験の甥っ子はちょっと緊張気味でしたが、若さっていいね。

あっという間に順応して楽しんでくれたようです。

 

 

もちろん楽しんでもらうために、水中でバブルリングを見せたり、一緒に潜ってくれたインストラクターさんがタツノオトシゴを見つけてあげたりと、こちらとしても必死です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

2本潜った後は、勝浦のご当地フード、勝浦坦々麺で少し冷えた体を温めて無事体験ダイビングは終了となりました。

 

 

真夏のダイビングシーズン、まだ潜ったことがない方、是非是非体験してみて下さい。

とりあえず潜った後のメシの美味さは格別です。

 

東京営業所所長

ファイナンシャルプランナー 髙柳周太

2018年08月01日

夏期休業のお知らせ

いつも大変お世話になっております。

 

2018年8月13日(月)~15日(水)まで、

夏期休業期間とさせて頂きます。

 

期間内にお問合せ等がありましたら、

当ホームページのメールフォームよりお願いいたします。

 

なお、お急ぎの際は、ご契約の各生命保険会社の

フリーダイヤルまでお問合せ頂きますよう、宜しくお願いいたします。

 

例年以上の猛暑につき、日中、夜間を問わず熱中症には十分ご注意下さいませ。

 

2018年07月17日

キッズ・マネー・ステーション

 

東京営業所の髙柳万里が所属する『キッズ・マネー・ステーション』

主催の、2018年夏の親子マネー講座のご案内です。

 

東京都世田谷区・千葉県船橋市にて同じく認定講師の下田いづみさんと共に講師を務めます♪

 

小学生のお子様がいらっしゃるお父さん、お母さん!楽しくまじめにおかねの勉強しませんか?

 

詳しくはキッズ・マネー・ステーションの公式ホームページにて

ご確認ください☆

↓  ↓  ↓

http://www.1kinsenkyouiku.com/

2018年07月14日