新着情報

福岡本社だより ~本のご紹介📚~

こんにちは!福岡本社です!

 

ここ一週間はどんよりとしたお天気が続き、

寒い日が続いていますね。

今年は暖冬なので、本来はこれが冬なんでしょうけど…

 

弊社には本がいろいろ置いてあるのですが、

その中から1冊ご紹介します。本というか漫画です!

 

 

中川いさみさん

『重粒子線の旅 鼻にガンができた!』です。

 

鼻にガンができた作者が、重粒子線治療の闘病記を

エッセイ漫画にしたものです。

私も全部読んだのですが、

体験談を固くなりすぎず、わかりやすく描いているので

スルスルと読むことができました。

 

重粒子線治療とは、放射線治療の一種で

メスを入れずに光を当てて治療する方法です。

放射線治療との違いは、

周りの異常がない細胞を傷つけずにガン細胞に集中して

光をあててくれます。

そのため、効き目が非常に高い治療として注目をされています。

 

2020年1月現在、ほとんどの部位の治療が

先進医療に登録されており、技術料は全額自己負担です。

(前立腺・頭頸部・骨軟部は保険適用です)

 

私たちでも知りえないどんな風に治療が進むのか、

その時のリアルな気持ちなども知ることができるので

是非読んでみてください(^^)/

 

2020年01月30日

福岡本社だより ~焼肉を食べました🍖~

 

こんにちは、福岡本社です!

こちらは昨日ついに梅雨入りが発表されました☔

とはいえ今日は、日中雨は降っていませんが・・・

 

先週、弊社社員と提携代理店の社員さんと保険会社の社員さんを

お二人お呼びして、焼肉を御馳走になりました😊

 

 

 

ちょっとレトロな雰囲気の焼肉屋さんです☆

佐賀牛と銀シャリを推す

コストパフォーマンスがすごいお店でした😲

 

コースでどんどん出てくるのですが、

ご飯とお味噌汁がおかわり自由!

デザート前の〆に牛煮込みカレールーが登場します

お腹いっぱいなのに、これがまた絶品なのです!

(肝心のお肉の写真のみうまく載せられません、すみません)

 

私はごはん1杯半平らげてしまいました☺

いっぱい食べたい方にはもってこいなお店です!

 

皆さんも一度行ってみてはいかがでしょうか♪

 

「直球」

下の画像よりHPに繋がっています

 

2019年06月27日

福岡本社だより ~紫陽花🌂~

 

こんにちは、福岡本社です!

昨日は新潟の方で地震や津波が発生したようですが、

この度の災害により被害にあわれた皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。

 

こちらは、いまだに梅雨になっておりませんが、

弊社併設の会長宅では、紫陽花が見ごろを迎えております。

 

 

この淡い色づきがいいですよね。私も好きなお花の一つです😃

紫陽花は土の成分で色が変わるらしいですね!

アルカリ性か酸性か~・・・というところのようです。

 

こちらに書くためにちらっと調べてみたのですが、

奥が深そうなので気になる方はぜひ調べてみてくださいね。

2019年06月19日

福岡本社だより ~えがおから医療ブック😄~

 

 

こんにちは、福岡本社です!

5月後半なのにこうも暑いと夏が心配になりますね💦

福岡は昨日から2年ぶりに光化学オキシダントが

発生しているようです。

弊社の近くに運動会の練習をしていた学校がありましたが、

光化学オキシダント注意報が発令された

午後には練習をやめていました。

くれぐれもご注意ください!

 

 

さて皆さんは題名にも書いております「えがおから医療ブック」は

ご存知ですか?

私も先日弊社の郵便物に紛れて届いたため

知ったばかりなのですが、福岡県医師会が出している

フリーペーパーのようです。

写真を載せようかと思いましたが、手元にないため

HPリンクを載せておきます。

 

えがおから医療ブック

 

季節に合わせた読み物で、pdfで保存や印刷もできます。

お医者様の団体が出しているため、

健康に関する知識もしっかりと得られるのではないでしょうか。

ぜひ一度ご覧ください!

2019年05月24日

福岡本社だより ~令和初営業🎉~

 

令和を迎え、社員一同気持ちも新たに日々精進いたします。

新しい時代も、どうぞよろしくお願いいたします。

 

長かったゴールデンウィークも終わり、

弊社も本日より通常営業です😊

 

今日はお客様から筑紫もちを頂きました!

大変ありがたいことです…!

 

 

実は、令和の元号と筑紫もち、共通点がありまして

『万葉集』の「梅花の歌三十二首」に関わりがあるんです!

 

『令和』は万葉集の梅花の歌三十二首の

「序文」より引用されています。

それに対して『筑紫もち』は、発売当初より

梅花の歌三十二首の内、二首を使っているようです。

(如水庵さんのパンフレットより)

 

筑紫もちを食べながら

令和の元号に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

 

2019年05月07日